【書評】知的戦闘力を高める独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力(=意思決定の質)を上げるための学習方法がまとめられている。
知識よりも思考することが重要になってくる一方、
義務教育・大学受験の過程では知識を詰め込むことしかやってこなかったので、
「思考して洞察力を高める方法」というテーマ自体が新鮮に感じた。

以下、紹介されていた技法をまとめる。

1. 戦略を立てる

・学ぶテーマを決める
・インプットすることとインプットしないことを決める

※AIのことを学びたいときに、芸能人のスキャンダル問題などのニュースは見ないなど。

2. インプットする

・「知っている」ということよりも、「それがよい生に活かされているか」を意識する。
・決めたテーマに沿った映画や本を読む

3. 抽象化・構造化する

・ふとした疑問をメモる(問い・仮説を立てる)
・抽象化する: 得た知識をモデル化する(つまりどういうことかを示す)
・構造化する: 立てた仮説から演繹的に様々な分野のケースを考えてみる
以上のことから、自分なりの洞察・示唆をもつ。

4.ストックする

得た知識・それが興味深い理由・3で得た示唆や洞察をためていく。