【書評】あなたもいままでの10倍速く本が読める

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める

いわゆるフォトリーディングの入門書である。

修得したくなるほど素晴らしい可能性を感じる読書法であるが、
書いてある通りのことが実現できるかは半信半疑である。

ただ、フォトリーディング自体を修得しなくても役に立つ読書テクニックなども紹介されていたので、
参考になった。
その読書テクニックもまとめようと思う。

フォトリーディングに関しては、
とりあえず1ヶ月は試験的に修得をチャレンジしてみて、
またの機会で結果報告できればとおもう。

フォトリーディングのステップ

1.準備
本を読む目的を定める。
ミカン集中法を実践する。

2.予習
目次をざっと読む。
目的に沿った価値があるか。
読むかどうか検討する。

3.フォトリーディング
目的に関して自問自答する。
加計学習モード(リラックスモードに入る)
アフォメーション(できるマインドセット)
フォトリーディング

※この時点では潜在意識に入れるだけで、
内容は理解していない。

4.復習
文書をざっと見る
トリガーワードを10~25個見つける
知りたい内容についての質問を作る

※ここは、本に対する理解力を増幅させるステップである。

5.活性化
生産的休息(寝かせる)
スーパーリーディング・ディッピング(目的に沿った文章を見つけ、要点だけつかむ)
マインドマップ(頭の整理)
高速リーディング(より詳しく読みたい箇所を読む)

使えると思った読書テクニック・マインド3選

1. 目的ファースト
まず何のためにこの本を読むか
どれくらい詳細に理解するのか
時間は有限なので、目的にそった読み方を選択する。

2. 全部読もうとしない

  • > そもそも全文を頭に入れて理解することは不可能である、というマインドを持つ。

目的を定めて、それに沿った文章を中心に読んで理解する。

3. 読まないという選択肢を持つ

  • > 目的に沿ってなければ読まない。

惰性で読んでしまい、時間の無駄になることを防げる。
購入したお金のことは気にしない。