【書評】スタンフォード式最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

新しい知見がたくさん盛り込まれており、
睡眠に対する意識が変わった。

早速実践しているが、朝起きたとき目がバキバキに冴える。

要点

・睡眠は量でなく質(6hくらい)
・はじめの90分の睡眠の質で、全体の睡眠の質が決まる
・睡眠の質を決めるのは、睡眠時の行動と覚醒時の行動

睡眠について

まずショートスリーパーかどうかは遺伝で決まる。
無理に短時間睡眠に切り替えようとしない。

そして、寝だめは意味がない。
起床時間と就寝時間はできるだけ固定する。

はじめの90分を良い睡眠にするには

・深部温度(体内の温度)と皮膚温度の差を縮める。

  • > 90分前に風呂入る or 足湯 or シャワー

足湯はさっとできていい感じ。
そして足から熱を発散させるので、靴下は脱いでおく。

・寝る前は何もしない
考え事をすると脳が起きてしまうので、できるだけ考えないようにする。
瞑想を5分くらいやると、スムーズに入眠できている。

覚醒時にすると良い行動

・入眠時とは逆で、深部温度を上げ、手足を冷やす

  • > 起床直後に日光を浴びる and 裸足で冷たい床を歩く and 手を冷水で洗う and 朝ごはんをよく噛む

※意外だった知識
夕食を抜いたら、夜に覚醒してしまうのでちゃんと食べたほうがいい。
昼食はぬいてもとっても、昼後のだるさは変わらない。(ガムなどをかんで対策)