読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識統合のための備忘録

もういっぺん調べ直す必要がないように書いていく。

【書評_13】ゼロ

書評

・堀江氏に対して、冷酷な人間 => 思いやりがあり正直な人間と、印象が変わった。
・働き方、お金の考え方、堀江氏の思い出話まで、内容が多岐にわたっていたが、
一貫して「自分の人生を生きろ」というメッセージが込められていたように思う。

仕事や人生に怖気づく時はどんなときか

自分に自信が無い時である。

自信は経験によってしか形成されず、
経験するために、自ら一歩踏み出す挑戦が必要である。

ノリが良いということ

人には平等にチャンスが与えられていて、
目の前に来たときに躊躇なく飛びつけるかどうか。

そうやって小さな成功体験や挑戦を積み重ね、
自信を形成していく、

やりがいを作る

やりがいのある仕事を探すのではなく、
自らやりがいを作り出す。

※刑務作業にやりがいをみつけてやっていたという
堀江氏のエピソードがあった。



このままでは一生「このまま」だ。
という言葉が印象に残っている。
絶えず成長していきたい。